愛犬を供養するために覚えておきたいペット葬儀

ペット葬儀をするならお通夜から準備をしておこう

愛犬の旅立ちのために~お通夜を執り行う~

ペットも大切な家族の一員。安らかに眠ることができるよう、お通夜を行なって旅立ちを見送ってあげましょう。ペット葬儀の方法・マナーについて紹介していきます。

遺体を安置する流れ

安置する場所

まずは、遺体をきちんと安置してあげるところから決めていきます。安置する場所としては、家の中でペットが一番安らげる所が良いです。お気に入りの場所やいつも使っていた寝床など、ペットの臭いが残っている場所が最適でしょう。お部屋での安置が難しい時は、ゲージでも構いません。ペットが愛用していた毛布やタオルなどを敷いて寝かせてあげてください。枕元に好きな食べ物や、おもちゃを置いてあげても良いでしょう。

遺体の対応

遺体は時間が経つと、死後硬直や出血、腐敗が進んでいきます。手足が伸びたまま硬直するとお棺や火葬炉に納めることも困難になるので、寝ているような体勢になるよう優しく手足を曲げてあげましょう。また、肛門や口から汚物や血が出てくることがありますが、これは自然現象です。ティッシュや脱脂綿などで優しく拭き取ってあげてください。時間が経つと収まりますが、気になる場合は脱脂綿を詰めておきましょう。そして腐敗を遅らせるために、タオルでくるんだドライアイスや保冷剤をお腹のあたりに置いておきます。

ペット葬儀社へ火葬の予約を取る

カレンダー

ペットの火葬を行なうために、ペット葬儀社に連絡しましょう。ほとんどの場合、予約制となっています。ペットの種別や体重などを連絡し、火葬炉や施設の空き状況を確認して希望の日時を選択してください。混雑状況によって次の日に予約が取れる場合もあれば、数日後になる場合もあります。ペットの種別・体重によって料金が異なるので注意しましょう。ちなみに火葬は各自治体で行なうことも可能ですが、その方法は地域によって様々で、返骨されないケースがほとんどです。

ペット仲間や愛犬仲間にお通夜の連絡をする

お通夜の日時が決まったら、ペット仲間や友人などに伝えましょう。お通夜と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、その必要はありません。ペットの冥福を祈り、旅立ちを一緒に見送ってくれるだけで充分だということを伝えてください。

お通夜に関して知っておきたいこと

ペットのお通夜について、知らないことも多いでしょう。よく聞かれる質問について、Q&A方式でご紹介します。

ペットのお通夜に関する質問

ペット用のお棺はありますか?
あります。ペット葬儀社にお願いすることで、ペットに合わせたサイズのお棺を用意してもらえます。個人で用意する場合は、木製など火葬した際に燃える素材であれば問題ないでしょう。近年は、ペットショップなどで購入することもできます。お棺の中に副葬品を入れることも可能ですが、金属など入れてはいけないものもあるので業者に事前に確認しましょう。
祭壇も用意する必要はありますか?
より丁寧なお見送りにするため、できるだけ用意してあげましょう。ペット葬儀社によっては、貸し出しや作成のサービスを行なっていることもあります。自分で用意する場合は簡単なもので構いません。段ボールに白い布を被せるだけでもいいです。祭壇にはペットの写真、ろうそく、お線香やお香、お花、好きだった食べ物やお水などを供えてあげましょう。

TOPボタン