愛犬を供養するために覚えておきたいペット葬儀

お通夜の後に行なうペット葬儀の種類と特徴

お通夜が済んだら葬儀の準備~葬儀の種類とは~

お通夜が終わると、いよいよ葬儀です。実はペット葬儀には複数の種類があることをご存知ですか?それぞれの特徴を知り、自分の考えに合った葬儀を選びましょう。

ペット葬儀の種類

合同葬
他の家庭のペットと合同で葬儀・火葬を行なう方法です。合同の祭壇で僧侶が読経した後、他のペットと一緒に火葬します。火葬には立ち合うことができません。また、遺骨が混ざってしまうため返骨されず、共同墓地や慰霊碑に一緒に埋葬されます。ただし、「他のペットが一緒だから寂しくない」という考えで選ぶ方もいるでしょう。料金は、他のペット葬儀の方法と比べて安いです。
一任個別葬儀
ペット葬儀社にお任せし、一体ずつ個別に葬儀・火葬してもらう方法です。飼い主が立ち合うことはできません。飼い主の代わりにスタッフが焼香やお骨上げなどをして丁寧に供養を行ないます。火葬後は遺骨を返してもらうことが可能です。自宅まで届けてもらうか、もしくは納骨堂やペット霊園などにそのまま納骨してもらうこともできます。
自宅葬儀
自宅で葬儀・火葬を行なう方法です。自宅に祭壇を作り、僧侶に読経してもらいます。火葬は移動火葬車に出張してもらうことで、自宅敷地内にて行なうことが可能です。自宅に駐車スペースがない場合は近隣の安全な場所で行なうこともできます。周囲に配慮する必要はありますが、慣れ親しんだ自宅で葬儀を行なうことができるでしょう。遺骨はそのまま返してもらえます。

ペットを愛するあなたにお薦めしたい「個別立会火葬」

お骨

自分のペットだけを個別に葬儀・火葬する方法で、火葬にも立ち合うことができます。祭壇で僧侶の読経を済ませた後、自分のペット専用のお棺にて火葬をします。火葬後は、飼い主が自分たちでお骨上げをしてあげることができます。その後は遺骨を自宅へ連れて帰ることも、そのまま納骨堂や墓地へ埋葬してあげることも可能です。最後の最後まで一緒にいてあげることができるため、ペットは安らかな気持ちで旅立てるでしょう。きちんと最後のお別れをしてあげたい方におすすめです。

TOPボタン